www.hinin.jp

避妊のすべて、知っていますか?緊急避妊と避妊の違い

緊急避妊の相談をする前に

緊急避妊という方法をとらざるを得ないとき、
病院に行く前に準備しておくことや、
実際に病院で行われる診療内容、
そして緊急避妊ピル(アフターピル)を服用した際の
注意点などについて知っておきましょう。

病院に行ったら聞かれること

緊急避妊法を選択する上で診断に必要な情報を聞かれますので、あらかじめ答えを用意しておきましょう。

  • ①終わった日ではなく始まった日です
  • ②午前、午後がわかるよう、24時間表示で
  • ③月経初日を1日目として数えてください
  • ④②から病院に到着するまでの時間
  • ⑤思い出せる限りすべて書いてください
  • ⑥出産、中絶、流産などの結果にかかわらず
病院で行われる診療
・問診
主に、上記のカードの内容を中心に聞かれます。
・超音波(医療機関による)
医療機関によっては、より正確な診断をするために超音波を使って子宮や卵巣の様子を診ることもあります。
・緊急避妊についての説明
緊急避妊をすることになったら、いつごろ出血があるかなどの説明や注意があります。
・次回の診療の確認
出血が、不正性器出血や妊娠初期の出血の場合もありますから、必ず指示された日に再受診しましょう。
緊急避妊ピル服用後の注意
  • 服用後2時間以内に吐いた場合は、再服用が必要となります。できるだけ早く主治医に連絡してください。
  • 緊急避妊をした場合でも、その後にセックスをすれば、妊娠する可能性があります。緊急避妊ピル服用後にセックスを行う場合には、低用量ピルを服用するなど、確実な避妊を心がけるようにしましょう。
  • お薬の成分は約1週間で大部分が体外に排出されます。将来、体に影響を及ぼすものではありません。

緊急避妊ピル(アフターピル)の服用に関して不安なことや心配なことがありましたら、下記までお電話ください。

EC・OCコール
03-3267-1404(月曜日~金曜日 10:00~16:00 祝日・年末年始を除く)
※一般社団法人 日本家族計画協会の相談員がお答えします。相談は無料です。通話料のみご負担ください。